Policy

■座右の銘
過去と他人は変えられない、変えられるのは未来と自分」

■人を残してこそ一流
金を残すは三流、名を残すは二流、人を残してこそ一流」。この言葉に出会い、私の人生の「目的」が明確となった。この目的実現のために様々な「目標」を立てる事が容易になり、公私で生じる様々な事象判断の基準となっている。過去の我ながら痛々しい様々な事を猛省しつつ、日々、人間性を高める為の“トレーニング”を実行中

■“わかりやすく”話す、伝える
人に“話す事”が仕事である私は、“話す事”が「商品」なので、それが“わかりやすい”かどうかは「品質」の一つが良いか悪いか、と考えているので、これに拘る。聞いている人にとって“わかりやすいかどうか”は話す「相手を知る」こと無しには出来ない。その為に、相手を観察するし、可能ならプロフィールを教えていただく。それにより、適当な「例え話」が出来、“わかりやすく”話せる。「相手を知る」これが、“わかりやすく”話す、伝えるの秘訣と考える。因みに私は喜怒哀楽が表情・言動に出る“わかりやすい”奴(笑)

■迎合するなかれ
時にひもじい思い、苦しくつらい思いをしたとしても、自分の信条を変えることなく、主張することをやめない頑固な性格。良いように言えば正義感が強いというのだろうか、我ながら時にこの性格を疎ましく思うのが本音である。因みに几帳面、しかし潔癖症ではない

■“気づく”能力は天賦の才
私の能力の優劣ではなく、この能力は千差万別、十人十色である。教えて身につくものとは思わない持って生まれた能力の一つと思って止まない。気付いたことに「なぜだろう?」と考えることが日常の私は、ある時に現職が天職と自覚した。人それぞれ持って生まれた能力は様々で、何事も“向き不向き”があると認識する。それ以降、楽に生きれるようになった